魚重店舗周辺の観光スポット

魚重の店舗がある下関市唐戸周辺の観光スポットを紹介いたします。

唐戸市場
カモンワーフ
海響館
赤間神宮
春帆楼
下関南部郵便局
旧秋田商会ビル
関門橋
みもすそ川公園

 

唐戸市場
唐戸市場

関門の台所として多くの人に親しまれる唐戸市場は、水揚げされたばかりの魚を業者だけでなく一般の人も直接購入できる、
地方卸市場としては全国的にも珍しい販売形態を行う市場です。
また、魚介類だけでなく、農産物などの直売所もあり、市場内だけでいろいろなジャンルの食材が揃います。
とれたて新鮮な魚や農産物が格安で買えるだけでなく、その場で食べられることもおすすめです。

施設名 唐戸市場
住所 下関市唐戸町5-50
電話 083-231-0001(唐戸市場業者連合共同組合)
ホームページ http://www.karatoichiba.com/
交通アクセス JR下関駅からバスで7分 唐戸バス停下車 徒歩3分
営業時間 5:00〜15:00(平日・土曜日)
8:00〜15:00(日曜日・祝日)
定休日 不定休、お盆、年末年始
駐車場 普通:572台(有料)
大型:30台(臨時駐車場)
地図

ページ上に戻る


カモンワーフ

カモンワーフ

カモンワーフは「食」べて「遊」んで「海」を「感」じるをテーマに、
新鮮な海の幸が楽しめるお食事処やお土産品店など多彩なお店が集まるシーサイドモールです。
ボードウォークや3Fのスカイガーデンからは関門海峡が一望できます。
また、夜はライトアップされ、夜景を楽しむこともできます。
周辺には唐戸市場や水族館、恋人灯台などの人気観光スポットもあります。

施設名 カモンワーフ
住所 下関市唐戸町6-1
電話 083-228-0330
ホームページ http://www.kamonwharf.com/
交通アクセス JR下関駅からバスで7分 唐戸バス停下車 徒歩2分
営業時間 物販   9:00〜19:00(冬季は〜18:00)
飲食店 11:00〜22:00(一部店舗を除く)
定休日 無休
駐車場 普通:95台(有料)
大型:30台(唐戸市場と共同)
地図

ページ上に戻る


海響館

 

海響館(3) border=

唐戸市場と隣接する水族館です。
通常イベントとして日本最大級のペンギン展示施設「ペンギン村」、イルカとアシカが共演する「アクアシアター」、
「スナメリのプレイングタイム」など。
ペンギンと直接触れ合うなどの体験型イベントもあります。(季節により内容変更あり)
また、下関ならではの「関門海峡の潮流を再現した大水槽」や「100種類以上のフグの仲間の展示」なども楽しめます。

施設名 海響館
住所 下関市あるかぽーと6-1
電話 083-228-1100
ホームページ http://www.kaikyokan.com/
交通アクセス JR下関駅からバスで5分 海響館前バス停下車 徒歩2分
料金 一般        大人 2,000円、小中学生 900円、幼児(3歳以上) 400円
団体(20名以上) 大人 1,700円、小中学生 700円、幼児(3歳以上) 300円
利用可能時間 9:30〜17:30(最終入館 17:00)
定休日 無休
駐車場 普通:みらいパーク 395台(有料)
大型:15台
地図

 

ページ上に戻る


赤間神宮

赤間神宮

源平壇ノ浦の合戦に敗れ、わずか8歳で関門海峡に入水された安徳天皇を祀っています。

「今ぞしる みもすそ川の おんながれ 波の下にも 都ありとは」

これは二位尼が入水する際に詠んだと言われる「海の底にも都はあります」という意味の歌で、これに因み、第二次大戦で焼失した赤間神宮を再建する際に「竜宮造り」という竜宮城をイメージした造営となりました。
ご利益は水難除け、家内安全、開運招福、国家鎮護、安産祈願など。

境内には小泉八雲の怪談で有名な「耳なし芳一」の芳一堂や、「長門本平家物語」「源平合戦図」などの貴重な資料が所蔵されている宝物殿などがあります。

5月3日の先帝祭上臈参拝は下関市無形文化財で、海峡まつりと相まって当日は大変な賑わいとなります。

施設名 赤間神宮
住所 下関市阿弥陀寺町4-1
電話 083-231-4138
ホームページ http://www.tiki.ne.jp/~akama-jingu/
交通アクセス JR下関駅からバスで10分 赤間神宮前バス停下車 すぐ
料金 宝物殿 100円
利用可能時間 宝物殿 9:00〜17:00
定休日
駐車場 普通:50台
大型:−
地図

 

ページ上に戻る


春帆楼

春帆楼

日清講和条約が締結された会場であり、「ふぐ食用禁止令」を伊藤博文が解禁した「ふぐ料理」の公許第1号店でもあります。
「春帆楼」の名も、伊藤博文が「春の海の帆船」から名付けました。
館の中心には会議の様子が再現されているのですが、その周囲には条約に関係する額物、写真や屏風、ランプ、フランス製ストーブ、硯箱、インク壺、朱肉入れ、大小16脚の椅子など、全部で66点が展示されています。
中でも椅子は浜離宮の調度品を下賜されたもので一番貴重なのだそうです。

施設名 春帆楼
住所 下関市阿弥陀寺町4-2
電話 083-223-7181
ホームページ http://www.shunpanro.com/
交通アクセス JR下関駅からバスで10分 赤間神宮前バス停下車 徒歩2分
料金
利用可能時間
定休日
駐車場 普通:−
大型:−
地図

 

ページ上に戻る


下関南部町郵便局

下関南部町郵便局
現存する下関の洋風建築としては最も古く、明治33年(1900年)の建築です。
現役の郵便局舎としては日本最古のもので、登録有形文化財となっています。
施設内には資料展示コーナーのほか、カフェが併設されたギャラリーや中庭があり、コンサートや結婚式等の
イベントスペースとしても活用されています。
入口には懐かしい円筒型ポストが置かれているので、旅の思い出に絵葉書を出してみてはいかがでしょうか。
夜はライトアップ(日没〜22時)も行われています。

施設名 下関南部町郵便局
住所 下関市南部町22-8
電話 083-222-0161
ホームページ http://postgallery-retro.com/
交通アクセス JR下関駅からバスで7分 唐戸バス停下車 徒歩1分
料金

利用可能時間
(中庭・ギャラリー)

平日      10:00〜19:00(木曜日は 〜13:00)
土・日・祝日 10:00〜17:00
休日 中庭・ギャラリーは火曜日定休ですが、
その他イベントなどで貸切で入れない場合がございます。
駐車場 普通:−
大型:−
地図

 

ページ上に戻る


旧秋田商会ビル

旧秋田商会ビル

大正4年(1915年)に秋田商会の事務所兼住所として建設された、西日本初の鉄筋コンクリート造りの事務所建築であるとともに、わが国に現存する同種建築物としては最古級のものです。
1階は純洋風の事務所空間、2階および3階は格調高い書院造住宅、屋上は日本庭園と茶室のある和洋折衷のユニークな建築物です。
現在は1階を下関市の観光情報センターとして観光情報の提供を行っているほか、一角には「金子みすゞコーナー」が設置されており、無料で建物内部も見学できます。
また、夜はライトアップ(日没〜22時)も行われています。

施設名 旧秋田商会ビル
住所 下関市南部町23-11
電話 083-231-4141
ホームページ
交通アクセス JR下関駅からバスで7分 唐戸バス停下車 徒歩1分
料金 入館無料

利用可能時間

9:30〜17:00(最終入館 16:40)
休日 年末年始
駐車場 普通:なし(周辺に有料駐車場あり)
大型:−
地図

 

ページ上に戻る


関門橋

関門橋

全長1068m、中央径間712m、海面からの高さは61mもあるため、大型の船舶もほとんどが支障なく橋の下をくぐることができます。

また、ケーブルを定着する橋台の高さは約45mで、12階建のビルの高さに相当します。
夜景が美しいことは全国的に知られていて、日本夜景遺産の「ライトアップ夜景遺産」にも認定されています。
(季節によってライトアップ時間が変更。5〜8月は最長の23時まで)

施設名 関門橋
住所
電話
ホームページ
交通アクセス
料金
利用可能時間
休日
駐車場 普通:−
大型:−
地図

ページ上に戻る


みもすそ川公園

みもすそ川公園
公園前に広がる海は関門海峡の一番狭まったところで「早鞆の瀬戸」といわれ、潮の流れが速く、潮流の変化が激しい海の難所です。
かつて源平の壇ノ浦の戦いが行われた古戦場で、園内には源義経、平知盛像があるほか、幕末に長州藩が外国船と砲撃した長州砲のレプリカも置かれています。

「関門海峡の潮騒と汽笛」は「残したい日本の音風景百選」に選ばれています。

施設名 みもすそ川公園
住所 下関市みもすそ川町
電話
ホームページ
交通アクセス JR下関駅からバス12分 御裳川(みもすそがわ)バス亭下車 すぐ
料金
利用可能時間
休日
駐車場 普通:−
大型:−
地図

ページ上に戻る